カテゴリー: 医療脱毛のタメになる情報

医療脱毛が初めての人が知っておくべき必要な注意点とは?

医療脱毛を初めて利用するという人は数多くいるはずです。

誰もが最初の瞬間というのはあるはずですが、そういった初めて経験するときというのは、分からないことが多くあるでしょう。

したがって、医療脱毛が初めてという人、これから受けていきたいと思っている人にとっては何らかの疑問があったり、知らないことも多くあるはずです。

そういう部分を少しでも解消してから、実際に医療脱毛を受けていくようにしましょう。

医療脱毛は年齢制限はほぼない

医療脱毛が初めての人にとって、ここが気になっている人がいるはずです。

脱毛をするというのは年齢が関係あるのではないか?と思っている人がいれば、医療脱毛に関してはほぼ関係ないということを知っておきましょうね。

実際、何歳からでもOKとなっているわけではないのですが、脱毛を考え始める一般的な年齢を考慮すれば、年齢制限にひっかかる可能性は相当低いと言えますよ。

それぞれのクリニックごとに年齢制限のようなものは一応あるのですが、たいていの脱毛希望の人はそれが影響するということはないでしょう。

例えば、年齢制限を3歳以上としているようなところもあり、そういうところはほぼ年齢制限がないに等しいわけです。

よっぽどのことがない限り、多くの医療脱毛クリニックの年齢制限にひっかかるケースはないと言えますから覚えておきましょう。

妊娠中や授乳中は利用しない方が無難である

医療脱毛は女性が多く利用することになりますが、妊娠をしている、授乳をしている期間であれば、要注意ということになります。

妊娠中はホルモンバランスが乱れるということが常識となっていますが、この状態では脱毛をするリスクが大きくなってしまいます。

胎児に影響があるわけではないものの、肌が敏感な状態のため、脱毛をすると高い確率で肌荒れが生じることが考えられてしまうのですね。

そういった理由により妊娠中はそもそも脱毛クリニックを利用できないケースがほとんどです。

授乳中も同じような理由により、医療脱毛を利用すること自体はおすすめできませんし、そもそも利用ができないクリニックも多いです。

だから、妊娠中や授乳中というのは医療脱毛をすることで、本人にとって望ましくない肌状態になる恐れがあり、そもそも利用不可なところも多いので覚えておく必要がありますよ。

医療脱毛を受けて肌荒れを防止することができる

妊娠中や授乳中は肌荒れが起きる可能性が高いのですが、そうじゃない状況で医療脱毛を受けると肌にとってはメリットが存在することになります。

それは肌荒れが逆に起きづらくなるということで、これはすでに医療脱毛を受けている人、または医療脱毛に詳しい人にとっては知っている、経験している場合もありますが、初めての人は知らない場合が多いです。

医療脱毛をして身体の体毛が減っていくことは、肌がより望ましい状況になっていることを意味します。

というのも、肌に残っている毛が減れべ減るほど、その毛に絡みつく空気中の雑菌などが減るため、肌を荒らす存在が肌の表面から少なくなるのです。

結果的に肌荒れが起きるリスクが小さくなるため、医療脱毛を利用して全身のいろいろな場所の毛を減らしていけば、それぞれにおいて肌荒れが起きる可能性がかなり低くなるでしょう。

特に顔に関しては顕著で、産毛などの存在まで脱毛できれば今まで以上に肌が綺麗な状態になるので、ニキビを含めて顔に何らかの異常が起きることが今までよりも頻度が低くなるという状態になり、そういった部分でも満足感を得ることがしやすいのですね。

医療脱毛を初めて受ける人が事前に知っておくべき注意点に関するまとめ

医療脱毛を初めて経験するという状況では、初めてがゆえに知らないということも大いにあるでしょうから、そのことについて知っておくべきということが言えます。

特に重要な年齢制限に関しては基本的に気にする必要はほぼないということが言え、そして妊娠中や授乳中というのはホルモンバランスの関係で利用はできない、しない方が良いということも言えます。

また、医療脱毛をすると身体の毛が減ることにより、肌荒れが起きる原因となる要素が減るので、ニキビなどができづらい、非常に理想的な肌になっていくということも言えますね。

医療脱毛を利用するにあたっては注意点もありますが、メリットもあるということになりますから、気を付けるべき点は気を付けながらも、期待に胸を膨らませながら利用していくと良いですよ。

医療脱毛って永久脱毛なのに自己処理が必要?

ムダ毛はおしゃれの天敵でもあり、また介護などの問題にも関わってきます。

でもサロンでの脱毛の場合どうしても、永久脱毛ということにはなりません。

毛が段々と薄く細くなってはきますが、また生えてきてしまうのですね。

それに比べて医療脱毛の場合、医療用の強力なレーザーを利用した脱毛ですので、永久脱毛が可能です。

ちょっとお値段は高めですが、長期的視野に立つとコスパもいいので利用する人は増えています。

しかし最初の施術前のカウンセリングの時とか、施術後に看護師さんに、自己処理してから次は来てくださいね、と言われてちょっと悩んでしまう人もいるでしょう。

永久脱毛しに行ったのに、自己処理とはどういうことか、これを考えてみましょう。

永久脱毛するのに何で自己処理?

これは誰でも不思議に思うことですね。

でもレーザーでの処理をする医療脱毛の場合、メラニン色素にに反応する光を毛根部分に当て、毛根へダメージを与えます。

なのでこの時ムダ毛が生えたまま施術をしてしまうと、ムダ毛の方にに反応してしまって毛根へのダメージが弱くなってしまうのです。

加えて、残った毛が多い場合、そこに熱が集中してしまい火傷する可能性も出てくるのです。

なので自己処理をしてからの施術を勧められるのですね。

自己処理ってどういうやり方がおすすめ?

自己処理と言うとすぐに思いつくのが、カミソリでのムダ毛処理ですね。

または毛抜きと思う人、多いと思われます。

しかし医療脱毛の施術前の自己処理に、この2つは厳禁です。

特に毛抜きは止めてください。

レーザー脱毛が効力を発揮するのは、毛根の中に黒いムダ毛が残っているからです。

これを毛抜きで根こそぎ引っこ抜いてしまうと、毛根組織を取り逃してしまいます。

毛抜きは一時的なものなので、もちろん後からまた毛が生えてきます。

これではいくら施術を重ねても、結果が得られません。

そしてカミソリでの自己処理、これは元々肌への刺激が強い方法です。

摩擦で肌を傷付けたりした人もいるでしょう。

特に角質層に傷がついた場合、肌の乾燥を招いてしまいます。

何よりも施術後のムダ毛の自己処理には、カミソリは厳禁ですね。

術後、乾燥しがちな肌にカミソリを当てると、もっと乾燥を招くという悪循環になってしまいます。

医療脱毛中のおすすめ自己処理は?

自己処理の中でも最も肌に負担がかからず、毛根にも影響がないのはシェーバーです。

これはサロンでも脱毛クリニックでも推奨されている自己処理方法ですので、最も安全に自己処理が出来る方法として認知されています。

肌への摩擦も少なく、そのためにいわゆるカミソリ負けを起こすこともありません。

毛抜きのように、毛根に作用するわけではありませんので、脱毛に影響を与えることもありません。

そして電気シェーバーなら何より、使用する人にとっても手軽で安全、肌を傷つける心配なしに使えるのが嬉しいところです。

永久脱毛できる医療脱毛だから、せっかく電気シェーバーを購入してもそのうち使わなくなるから無駄、と考える人もいるかもしれませんね。

でも完全に脱毛が終わるまでには、ある程度の時間がかかります。

サロンに比べれば早い期間で、しかもその後は永久にツルツルになれる医療脱毛ですが、そこに到達するまでに時間が必要なのも事実です。

1つ購入しておいて、決して損ではありません。

ムダ毛に対する最後の自己投資、と考えてみてはどうでしょうか。

シェーバーって使ったことがないんだけど

女性の場合、シェーバーを利用してムダ毛処理している人も多いですが、カミソリや毛抜きの愛用者も多いです。

なので使い方がよくわからないという人も、もちろんいますね。

でも使い方と言っても、本当にスイッチひとつで動いてくれるので、そして肌を傷めないようなシステムが搭載されているので、安心して使えるものなのです。

1つだけ念の為にアドバイスするとすれば、ムダ毛にそのままシェーバーを当てるというのは、おすすめできないと言っておきましょう。

まずハサミなどで短くカットしてから、シェーバーを当ててください。

特に脇の下とかVIOなどの硬い毛の部分は、カット後に使ってください。

毛がからまったりで故障の原因にもなります。

まとめ

自己処理することで永久脱毛も、早く安全に脱毛を終えることが出来ます。

クリニックにな行っているのだから、もう自己処理は必要ないなどと思わずに、普段のお手入れもしっかりとしてくださいね。

この自己処理、クリニックやサロンによっては、自己処理が不充分を理由にその日の施術を断られることもあります。

まあほとんどのクリニックなら、看護師さんが苦笑しつつシェーバーを使ってくれますが、そうった事態になるのは避けたいものです。

施術中の自己処理、自分のためでもありまたマナーとして行っておきたいものです。